若くても薄毛になる、早い段階の予防が大切

早ければ早いほど効果があるのが薄毛の予防です、薄くなってからでは遅い、男性の薄毛予防とはどうすればいいのでしょう?
まず若いから薄毛(AGA)にならないというわけではありません、若くてもAGAになる可能性は十分あります、油断してはいけません。
若いころからの薄毛を予防するためにはその原因を知ることが大切です、AGAの原因はホルモンバランスが原因な場合が多く、ジヒドロテストステロンという悪玉ホルモンが増えることに起因します。
このため次第に髪の毛が細くなって薄毛状態になっていきます。
ジヒドロテストステロンが増える要因は加齢や食生活、生活習慣です、このように原因がわかれば食生活や生活習慣を見直すことで薄毛予防ができます。
薄毛予防としての生活習慣改善は睡眠をよくとる、喫煙をやめる、飲酒をひかえる、適度な運動などがあげられます。
血行不良によって頭皮への血流が悪くなるのが原因になりますので、若いうちに食事療法などで血行をよくすれば薄毛はかなりの確率で防ぐことができます。

アミノ酸系シャンプーで頭皮環境改善

ドラッグストアで安く売られているシャンプーを使っていたのですが、枝毛や抜け毛が気になってきたので、浦和の発毛クリニックがおすすめするアミノ酸系のシャンプーを使っています。アミノ酸系の洗浄成分は洗浄力がマイルドで、頭皮や髪への負担が少ないことが特徴です。
これまでは髪を洗った後に頭皮が乾燥してかゆみを感じることがあったのですが、アミノ酸系シャンプーに変えたら頭皮のかゆみを感じなくなりました。頭皮の潤いを守ってくれている感じがします。

 

髪を育てているのは頭皮なので、抜け毛や薄毛を予防するには頭皮環境を整えることが重要です。アミノ酸系シャンプーは、頭皮の潤いを守って頭皮環境を整えるサポートをしてくれます。
しかし、アミノ酸系シャンプーを購入する際には注意点があります。「アミノ酸系」と記載されていても、アミノ酸系でない洗浄成分も加えられていることがあります。どのような成分が配合されているのか、成分表をきちんと読んで確かめることが重要です。ラウリル硫酸やラウレス硫酸は洗浄力が強すぎる成分で頭皮にダメージを与えるので、これらの成分が配合されていないシャンプーを選ぶとよいでしょう。

薄毛より女性の心を掴むコツを知っておく

男性にとって大変デリケートなのが薄毛の悩みですが、女性は男性を髪の毛のことだけで判断するようなことはしません。私の友人はAGAによる薄毛に悩んで埼玉・大宮の皮膚科に通っていましたが、好みがあるのは男女ともに一緒ではあるものの、女性は男性の器の大きさに惹かれやすいです。男性よりも圧倒的に1日の言葉を発する量の多い女性は話すことが大好き、男性からしたらとりとめのない話は苦痛ですが、女性はキチンと話を聞いてくれる男性に好意を持ちます。もちろん男性だって話を聞いてもらいたい気持ちはありますし、女子も男性の話は聞くべきです。

 

男性の場合はつい話し出すと自慢をしてしまう人もいますが、笑顔でいても女性は自慢話が多くて話を聞いてくれない男性を敬遠します。髪の毛の薄毛など気にならないくらい女子の心を掴むのは、とりとめのない女性の話を聞いてくれること、自慢しない謙虚でさわやかな男性です。男性はすぐに解決に導きたくなりますが、女性はとにかく聞いてほしいだけ、しゃべりたいだけですから、話を聞いてくれて謙虚な男性は薄毛など全く関係なく、女性は好印象をもちます。

思っているほど女性は薄毛を気にしてない?

薄毛って気になりますよね。特に、男性は遺伝なのかホルモンの関係なのか、薄毛で悩んでいる人が多いですよね。

女性の目線からすると、男性が思うほど、少し薄くなっているくらいだと気になっていない気がします。薄毛が気になるというよりも、「気にしているんだろうな」ということのほうが気になって、気を使っちゃいます。自身が無さそうだと、触れちゃいけない話題なのかなと気を使ったりします。

むしろ、多少の薄毛だったら、女性はあまり気にしていないので気にしすぎない方が良いと思います。もし、AGAなどが原因でかなり薄毛だったり、かつらを使うほどだったら、「俺、薄毛なんだよね」って、オープンに言ってくれたほうが、気を使わなくてすむし、一緒にいて楽しいなと思います。

髪の毛は、すぐ見える場所なので不潔だったら気になりますが、薄毛くらいでは別に嫌いになったりしません。でも、隠そうとしていたり、自信が無さそうだと、なんだか壁を感じて仲良くなれない気がします。もちろん、悩むことはわるいことではないですが、髪はあなたの一部でしかないので、そんなこと気にせず、笑ってくれる人と人生楽しめたらいいですね。

薄毛に悩む男性は視点を変えよう!

歳を重ねるごとになんだか髪のボリュームが減ってきたという悩みをお持ちの方はたくさんいらっしゃると思います。
そこで女の目線からちょっとしたアドバイスをしようと思います。
まず、AGAによる薄毛が気になりだした時の対処法は当然散髪屋で髪型を相談することです。
分け目を変える、パーマをあてる、髪が立つようにカットしてもらう、薄毛が目立たないようなカラーにしてもらうなど、色々ありますね。最初のうちはこれで誰にも分かりませんし、女性には雰囲気が変わって見えて好印象を受けると思います。

 

次に、一部分だけが薄毛な時ですが、これは部分かつらなどをつければ分からないと思います。もし分かっても、きちんと綺麗に馴染ませている方は身の回りのことに注意を払える人なんだと思われて反対に好印象を与えることができます。
最後に、全体的に薄毛が目立つ方ですが、これは自分に合う自然なかつらを見つけられるかどうかにかかっていると思います。個人的には、かつらの管理の問題や変えた時に周囲にバレてしまうリスクを考慮して、最初からスキンヘッドの髪型にする方が良いのではないかと思います。スキンヘッドの男性が好きな女性は男性が思っている以上に多いですからね。

薄毛やハゲを隠しているからこそダメ!

あなたは薄毛治療の病院にもいかず、ごまかそうとしていませんか?多くの女性は薄毛やハゲの男性をそれだけの理由で虐げることはありません。
下手に隠したり、だからこそ身だしなみに気を付けたほうがきちんとして見えるのに手を抜いているから減点されてしまうのです。
つまり、薄毛を少しでも誤魔化そうとするヘアースタイルよりも清潔感のある短髪の方がずっと好感度が高くなります。
また、かつらを愛用していることも早いうちにカミングアウトしてください。
そうすれば仕事上の理由でかつらが最良の選択肢である人に、かつらの着用を否定するようなことは言いません。

 

さらに、「俺はハゲだからモテない」と開き直るのもダメです。
そういう人に限ってハゲの奥に隠された根暗な一面が原因となり、異性に避けられていることに気が付いていません。
女性には母性というものが備わっています。
そのままの姿を真正面からぶつけてきてくれる男性をつまらない理由で拒否したりは絶対にしません。
その事を念頭に、自分のあるべき姿を見つめ直してくれたら、薄毛やハゲに対するコンプレックスは吹き飛んでしまうことでしょう。

薄毛の男性は優しい人が多い

女性が嫌いな男性としてよく言われているのが、AGAによる薄毛ということがありますね。それは、全く違うということが言えます。特別に若い人なら、そんな風に外見重視ということもあるかもしれませんが、人を好きになるのはそれだけでは絶対ないということです。
特に重視するのは、なんといってもその人の性格です。男性だって、どんなに美しいと思う女性でも性格が悪いと思うと一緒にいたくなくなりますね。その事と同じことが、女性が男性に求める事と一緒なのです。

 

特に女性は、優しい男性に弱いです。優しくされることにより、自分を認めてもらうことができた、守ってもらうことができたと思えるのです。そして思う事として、そんな風に優しいと思える男性は、薄毛の人が多いことに気づきました。その理由として、薄毛であることで自分と同じように外見を重視しない、心を磨くことを重視する人が多いのではないでしょうか。私の周りの薄毛の人は、とてももてていることからも言えますね。

産後の抜け毛が酷くて掃除ばかり

大宮で薄毛治療の相談をしようか悩んでいました。
出産後、4ヶ月くらい経った時から急に抜け毛が目立つようになりました。
最初は朝起きると枕に髪の毛が数本付いているくらいでした。それがしばらくすると数十本になり、起きたらまず髪の毛を集めて捨てるのが日課になりました。
日中は夏だったので半袖を着ていたのですが、少し動くと腕にパラッと抜けた毛が落ちてくるのが分かって気持ち悪かったです。敷物が髪の毛だらけになるので一日中コロコロばかりしていました。
お風呂は入ると気持ちいいのですが、抜け毛を一番感じるので億劫でした。シャンプーをすると信じられないくらいの髪の毛が抜けました。それこそ1回で50本くらいです。抜けた毛を洗い流すと、水で束になった抜け毛が見えて気持ち悪かったです。
そんな状態なのでお風呂の排水溝もすぐに詰まってしまうので、掃除も頻繁にしないといけなくて面倒でした。また排水溝の蓋をあけると抜け毛がもっさりととぐろを巻いて鎮座していてため息ものでした。
抜け毛は産後6ヶ月頃には治まってきましたが、その間は抜け毛が恥ずかしくて美容院にもいけず散々でした。

薄毛って、マイナスポイントですかね?

男性でAGA薄毛を気にする方はたくさんいらっしゃるかと思います。
しかし、薄毛ってそんなにマイナスポイントですかね?
少なくとも私にとっては、マイナスポイントではありません。
「この人薄毛だから、関わりたくない!」なんて思う人っているんでしょうか。
思い返せば、高校で一番人気の先生は、薄毛でした。
それでも、生徒に勉強を楽しませようとする姿勢や、
授業中に挟んでくれる世間話は、他の誰よりも面白いのです。
普段は面白い先生ですが、進路相談をしたときは、ものすごく真剣に向き合ってくれました。
自分の人生経験を元に、私の気持ちを尊重してアドバイスをくれました。
進路に悩んでいた私は、先生のおかげで自分のやりたいことを
追いかける決意ができたのです。
それからは、面白い先生から「こんな人になりたい」と思うようになりました。
やっぱり、人は中身が大切なのではないでしょうか。
いくら髪の毛がふさふさで顔が整っていても、
中身がどうしようもなくて、尊敬できるところがなければ、関わりたいと思いません。
薄毛だからと言って、ふさぎこんでしまうのはもったいないです。
見た目ではなく、中身を磨きませんか?
中身が素敵な人であれば、薄毛なんてマイナスポイントにならないです。

薄毛に気づいてしまった時の衝撃と動揺

仕事中に書類をある男性に届けに行かなければならず、後ろから近づいて行った時に普段目に入らない後頭部が目に入りました。かなり薄くてビックリしました。普段正面から見た時は全く気づかなかったんです。かなりの衝撃でしたが、動揺を見せないように頑張って書類を届けました。

もう気にしないようにするしかないとは思いますが、普段分かりにくい分気付いた時は衝撃を受けてしまいます。なので、飲み会の席などで俺最近AGAで髪の毛薄くなってきて〜等自分から自虐するような形で周りに知らせてくれていた方が正直ありがたいです。本当にビックリします。根本的に解決するなら、もうカツラにするか付け毛をするしかないです。

 

仕事中に帽子を被れるなら被った方が良いです。髪を伸ばしたとしてもあまり隠せていない事の方が多いように思えるので、伸ばして隠すのはやめた方が良いです。

 

もっと早くに違う形で知りたかったです。触れて良いのか悪いのかわからないし、自分から薄毛の話題を出してくれた方がありがたいです。